みずほ銀行の1万9000人リストラ計画に動揺の声。安定の代表格すらこうなってしまうのか…

no title

5月15日に放送された『ワールドビジネスサテライトにて、2026年までに従業員を1万9000人削減すると掲げた「みずほ銀行」が特集された。これをうけ、安定した職業ですらも先が見えぬ様に、ネット民からは動揺の声が上がっているという。

(中略)
また、大幅な従業員の削減を打ち出したことについて、「私達が今やろうとしているのはリストラというより、来るべき時代に金融機関として、どういうサービスを
提供する会社になるかということ」と時代に合わせて組織を編成するだけとコメント。

続けて、「定型的な作業は機械に任せて、一人一人はツールをどのように使いこなすか」と機械化できる部分は積極的に推し進めていくと語った。
(中略)

キャッシュレスが普及すれば、銀行は店舗やATMを削減でき、人件費や管理費などを抑えることが可能で、先日、「銀行全体で1兆円ぐらいのコスト削減が可能」と『クローズアップ現代+』(NHK系)でみずほ銀行幹部が語っていた。

安定した職業の代表格に挙げられていた銀行員だが、その安定感に陰りが見え始めている。
https://wjn.jp/article/detail/4650742/

続きを読む

Source: IT速報
みずほ銀行の1万9000人リストラ計画に動揺の声。安定の代表格すらこうなってしまうのか…

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。