【悲報】Googleがタブレット市場から撤退。AndroidページからTABLETSをこっそり削除

googleがひそかにタブレット事業から手を引き、同社のAndroidページからtabletsのタイトルを削除したとAndroid Policeが報じた。

たぶん、金曜日なら誰も気が付かないし、月曜になれば古いニュースになっている、と踏んだのだろうが、でもAndroid Policeがいち早く気づいた。それは、昨日(米国時間6/1)はあったが今日はない(下図)。

本誌TechCrunchは2016年にライターのRomail Dilletがタブレットの死を宣告した。昨年は1億6000万台あまり売れたから、それはちょっと早すぎたが、いずれにしてもその余命は長くなかった。

とりわけGoogleは、タブレットの分野でAndroidをiOSと互角にするために苦戦した。そして同社の今回の決定は、Chrome OSへの選好を表しているのだろう。
それはノートブックという疑問符つきのレガシーを継承しているけど、〔主に教育市場で〕儲かっているのだ。Googleはこれまで、そのOSのAndroid互換性の拡大に努めてきた。Androidタブレットの廃版も、意外ではない。

以下ソース
https://jp.techcrunch.com/2018/06/02/2018-06-01-google-quits-selling-tablets/

https://www.android.com/

続きを読む

Source: IT速報
【悲報】Googleがタブレット市場から撤退。AndroidページからTABLETSをこっそり削除

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。