固定電話のない家庭が増加か。ついに2000万件を割りピークの3分の1に

NTT東西地域会社がまとめた2017年度末の固定電話の契約数は、前年度末比6・9%減の1987万契約となった。

2000万契約を割り込んだのは1971年度末以来、46年ぶり。通信の主役が固定電話から携帯電話に移る中、ピークだった97年11月の6322万契約の約3分の1に減った。

内訳は、加入電話が同6・7%減の1754万契約、総合デジタル通信網(ISDN)が同8・2%減の233万契約。都道府県別で最も減少率が大きかったのは福井県で同8・4%減の11万930契約だった。

一方…
続きはソース元で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00010004-newswitch-ind

続きを読む

Source: IT速報
固定電話のない家庭が増加か。ついに2000万件を割りピークの3分の1に

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。