【投資】仮想通貨の「億り人」は社会のゴミなのか

no title

1: 名無しさん 2018/06/03(日) 20:18:50.41 ID:CAP_USER
銀行はつぶれるが、社会には福音か

■ビットコインの価格を予想することは不可能に近い

最近、マネー関連の雑誌で、個人投資家がビットコインで大金持ちになった記事を見かける。
仮想通貨の取引で1億円以上の利益を得た人(通称=億り人)が増えたことも、関心の背景にある。

ビットコインに代表される仮想通貨は、価格の変動が激しいこともあり投機の対象となりやすい。
価格の決まり方は単純で、欲しい(買いたい)と思う人が、
手放したい(売りたい)と思う人よりも多ければ価格は上昇する。

問題は、いつ、どれだけの人がビットコインを手に入れたい、
あるいは逆に売りたいと思うか予想が不可能に近いことだ。
実際には、ビットコインの人気が高まると多くの人が欲しいと思うだろうし、
逆に人気が低下すると多くの人が手放したいと思うはずだ。
要するに、ビットコインの価格は、それこそ人気によって大きく変動するということになる。

そのビットコインを安値で買い、上手く高値で売り抜けることができれば、
相応の利得(利益)を得られる。ただし、高値で買ってしまうと、想定外の損失を被る恐れもある。
また、コインチェックからの顧客資産の不正流出のように、
取引サービスを提供する企業(取引所)の情報セキュリティーも軽視できないリスクだ。

■投機的な価値だけであれば、飽きられるリスクがある

そうしたリスク要因を突き詰めて考えると、将来的、
ビットコインなどのように価値が不安定な仮想通貨が人々の関心から消えてしまうことも考えられる。
個人投資家が取引を検討する場合、そうしたリスクを冷静に考えた方がよい。

一方、仮想通貨を支える分散型のネットワーク・テクノロジーである“ブロックチェーン”の拡張性、
それが企業のフィンテック事業に与えるマグニチュードを考える意義は大きい。
重要なのは、ビットコインそのものよりもそれを支えるテクノロジーと理解した方がよさそうだ。

ビットコインの価格は需給次第だ。買いたい人が、売り手よりも多いと、価格は上昇する。
ビットコインで利益を上げようとすれば、周囲に先んじて資金を投じておくことが重要になる。
価格の上昇傾向が本格化すると、多くの投資家がビットコインを買う。
それが続くと強気相場が出現する。利益を確保するには、遅れて参入した投資家にビットコインを売る。
言い換えれば、買いたい人に高値で売りつける。

■基本的に仮想通貨取引投資は高リスクゲーム
なぜこうなるかといえば、ビットコインなどの仮想通貨には価値を安定させる仕組みがないからだ。
そのため、投機の対象になりやすい。価値の尺度、支払いの手段にはなりうるが、
価値の保存には適さないだろう。それが円などの法定通貨との決定的な違いだ。

ビットコインの価値の不安定さは、その歴史を振り返ればよくわかる。
2009年頃から、ビットコインは送金や買い物(支払、価値の尺度)に利用され始めた。
当時、価値は、ほぼゼロだった。その後、中国などの新興国では、
ビットコインを使い海外に資産を持ち出す人が増えた。需要の高まりに伴い、価値が上昇した。

この結果、ビットコインを筆頭に仮想通貨の市場は、買うから上がる、
上がるから買うという熱狂を呈した。
2017年の年末には、1ビットコイン(BTC)が200万円程度まで急騰した。
それは、“バブル”(理論で説明できないほど価格が上昇する現象)と呼ぶにふさわしい状況だった。

人気が価値を押し上げ、バブルが発生した例は多い。
17世紀のオランダでは、チューリップの球根の価値が、
住宅一戸程度にまで急騰した(チューリップ・バブル)。
きれいな花が咲いても、生活が改善するわけではない。
それでも、人気あるものを手に入れたいという欲求や衝動が投機熱を高め、
説明できないほどに価値が急騰した。ビットコインもその一つだ。
価格の不安定性がある以上、長期の資産形成には適さないだろう。

続きはソースで

プレジデント
http://president.jp/articles/-/25288

Source: ねおにーとちゃんねる ~株・FX・副業まとめ~
【投資】仮想通貨の「億り人」は社会のゴミなのか

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。