豊田章男はスティーブ・ジョブズを超えられるか

 3

親ガチャでSSRを引き当てたトヨタ自動車の豊田章男社長。昨今の彼は、スティーブ・ジョブズを意識・目指しているという。

トヨタ自動車の豊田章男社長は、スティーブ・ジョブズ氏を目指している-。

「100年に一度と言われる大変革の時代に直面している」。最近、折に触れてこう危機感を口にする豊田社長。電動化や自動運転など技術革新の「点」はみえるが、いったいその先にトヨタはどんな企業像を描いているのか。初の2部構成で開かれた5月9日の決算説明会での豊田社長の発言を読み解くと、米アップルを率いたジョブズ氏の歩みとの興味深い一致が浮かんできた。

《トヨタを「自動車をつくる会社」から「モビリティー(乗り物)・カンパニー」にモデルチェンジすることを決断した》

「自動車」を「コンピューター」に、「モビリティー」を「IT」に置き換えると、この発言はそのままアップルの変身に重なる…
続きはソース元で
http://www.sankeibiz.jp/business/news/180608/bsa1806080640001-n1.htm

続きを読む

Source: IT速報
豊田章男はスティーブ・ジョブズを超えられるか

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。