Microsoft、英国沖の海底にサーバー864台を内蔵したデータセンターを設置。冷却コストの節約が狙い

米マイクロソフトは6日、英スコットランド北部オークニー諸島沖の海底にデータセンターを設置したと発表した。

陸上でのサーバー冷却に必要なエネルギーを節約することが狙いだという。500万本の映画を保存するのに十分なサーバー864台を内蔵したデータセンター「ノーザン・アイルズ(Northern Isles)」は長さ12.2メートルの白の円筒状で、最長5年間、海底に設置することが可能だという。

また、海底ケーブルでオークニー諸島の風力タービンと潮力発電のネットワークで発生した再生エネルギーをデータセンターに送り、データをサーバーから陸地やインターネットへと送信する…
続きと動画はソース元から
http://www.afpbb.com/articles/-/3177604

続きを読む

Source: IT速報
Microsoft、英国沖の海底にサーバー864台を内蔵したデータセンターを設置。冷却コストの節約が狙い

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。