テスラ、全従業員の9%にあたる3000人以上をリストラへ。「難しいが、必要な組織の再編」

イーロンマスク

米電気自動車メーカーのテスラは、コストの削減と利益の確保に向けて、全従業員の9%にあたる3000人以上の人員削減を行うことを明らかにした。

テスラのイーロン・マスクCEOは12日、従業員に宛てた電子メールを公開する形で、全従業員の9%を削減することを明らかにしました。

人員削減の人数は発表していませんが、アメリカのメディアは、3000人から4000人の規模になると一斉に報じています。

マスクCEOによりますと、削減の対象には生産部門の従業員は含まれておらず、量産化が遅れている新型車などの生産目標には影響しないということです。

削減の理由についてマスクCEOは、「ここ数年、会社が急速に成長した結果、業務や機能の重複ができた。組織を再編し、コストの削減と利益の確保のために難しい決断をした」と説明しています。

さらにツイッターで、「難しいが、必要な組織の再編だ」とコメントしました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180613/k10011475951000.html

続きを読む

Source: IT速報
テスラ、全従業員の9%にあたる3000人以上をリストラへ。「難しいが、必要な組織の再編」

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。