今秋発売のiPhone X Plusはトリプルカメラを搭載か?米メディアが入手した設計図から判明

Appleは今秋、3台の新作iPhoneモデルを発表するといわれていますが、6.1インチのLCD搭載モデルと、6.5インチのOLEDディスプレイ搭載モデルの設計図が流出し、iPhone X Plusにトリプルカメラが搭載される可能性が浮上したという。

米メディアForbesは、今秋発売が予定されている3台の新作iPhoneモデルのうち、2モデルの設計図の入手に成功したようです。

設計図からデバイスの詳細なサイズ感がわかるだけでなく、隠された機能までも明らかになりました。6.5インチのiPhone X Plusとみられるモデルの背面には、トリプルカメラとみられるものが描かれています。

当初、トリプルカメラのiPhoneへの導入は2019年になってからだと報じられていましたが、6月に入って韓国のThe Investor(Korean Herald)が、今秋発売予定のiPhoneのうち1台にトリプルカメラが搭載されるとの新たな情報を伝えています。その1台というのは、現行のiPhone Xよりも大きな6.5インチのOLEDディスプレイを搭載するiPhone X Plusであるとのことでしたが、今回リークされた設計図とも一致しています。

続きはソース元から
https://iphone-mania.jp/news-215285/

https://www.forbes.com/sites/gordonkelly/2018/06/10/apple-iphone-x-plus-design-triple-camera-new-iphone-x-price-specs-cost/amp/

続きを読む

Source: IT速報
今秋発売のiPhone X Plusはトリプルカメラを搭載か?米メディアが入手した設計図から判明

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。