東芝、時短機能とスマホ対応を強化した録画専用機「レグザタイムシフトマシン」を6月下旬に発売へ。止まらない全録を実現

東芝映像ソリューションは、時短機能とスマホ対応を強化した、全録レコーダ「レグザタイムシフトマシンDBR-M4008/M2008」を6月下旬より発売する。

HDD容量4TBの「DBR-M4008」と2TBの「DBR-M2008」を展開し、価格はオープンプライス。店頭予想価格はDBR-M4008が13万円前後、DBR-M2008が9万円前後。

最大7チャンネルの番組を常時録画する「タイムシフトマシン」を搭載した対応したBDレコーダ。従来は「レグザサーバー」のブランドで展開していたが、より全録の利便性を強調する「レグザタイムシフトマシン」に変更し、“見逃さない”レコーダを訴求していく。

M4008/M2008では、タイムシフト専用エンジン「R-2」を搭載し、BD再生中でも全てのタイムシフト録画が動作し、さらに2番組を家庭内に同時配信できるなど「録画を止めない」性能を訴求。さらにスマートフォン対応を強化し、ほぼ全ての操作をスマホで行なえるようにした。また、番組持ち出しの強化など、“スマホで時短”をアピールしている。
続きはソース元から
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1126652.html

https://www.toshiba.co.jp/tvs/news/20180612.htm

続きを読む

Source: IT速報
東芝、時短機能とスマホ対応を強化した録画専用機「レグザタイムシフトマシン」を6月下旬に発売へ。止まらない全録を実現

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。