サムスン、第5世代V-NAND量産開始。最新技術で生産効率3割向上、ただでさえ圧倒的なのに他社を突き放しへ

 6

韓国サムスン電子は、NAND型フラッシュメモリーについて、最新の3次元化技術を駆使した量産を開始したと発表した。

記憶素子を90層以上、立体的に積み重ねる技術で、生産効率は3割高まった。NANDの世界市場で首位固めを狙うが、市況のリスク要因になる可能性もある。

スマートフォンやサーバーの記憶媒体として使われるNANDの生産については、3次元化が主流になっている。東芝や韓国SKハイニックスは記憶素子を60~70層程度積む水準にとどまっており、メモリー各社が技術面でサムスンに追随する傾向が強まっている。

サムスンによると、最新技術で量産されたNANDは、データの伝送速度が4割速くなる一方、動作電圧は3割小さくなる。高性能サーバーやスーパーコンピューターの需要を見込む。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3282565010072018FFE000/

https://news.samsung.com/global/samsung-electronics-brings-next-wave-of-high-performance-storage-with-mass-production-of-fifth-generation-v-nand

続きを読む

Source: IT速報
サムスン、第5世代V-NAND量産開始。最新技術で生産効率3割向上、ただでさえ圧倒的なのに他社を突き放しへ

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。