【悲報】アマゾンのデータセンター、火災で燃える&場所までバラされてしまう(多摩ビル火災)

東京都多摩市で発生したビル火災の件について、日経コンピュータの報道によると、燃えたビルはAWSのデータセンターだったとういう。

東京都多摩市で発生したビル火災の建築現場は、米アマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services)のクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」向けのデータセンターである可能性が高いことが、日経コンピュータの取材で2018年7月27日に分かった。複数の業界関係者が明かした。

火災は2018年7月26日午後1時45分ごろ、東京都多摩市唐木田1のビル建設現場で発生した。建設中の建物はオフィスビルの「多摩テクノロジービルディング(仮称)」。延べ床面積は1万7666.89平方メートルとされる。三井不動産が100%出資する南多摩特定目的会社から安藤ハザマが工事を請け負い、2018年10月に工期終了の予定で建築が進んでいた。三井不動産の資料によると、用途は「事務センター」である。

三井不動産は日経コンピュータの取材に「入居する…
続きはソース元で
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/02165/

続きを読む

Source: IT速報
【悲報】アマゾンのデータセンター、火災で燃える&場所までバラされてしまう(多摩ビル火災)

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。