会社員の54%が自分が勤める会社や働き方が「昭和的だと感じる」

ワークスモバイルジャパンは、「昭和的働き方についての意識調査」を実施。調査の結果、会社員の54.6%が自分が勤める会社を「昭和的」と評価したという。

自分が勤める会社や働き方が「昭和的な会社だと感じる」と回答したのは、54.6%。19.6%が「イマドキな会社だと感じる」、 25.6%が「どちらでもない」と回答したという。年代別では、30代では60.9%が昭和的だと回答したという。

昭和的な働き方についてのイメージで最も多かった回答は「休暇が取りづらい」で、56.3%。次いで「働く時間が長い」が47.9%、「残業が評価される」が43.3%としている。その一方で、イマドキな働き方についてのイメージは「休暇が取りやすい」が54.3%。次いで「仕事が終わればすぐに帰っても良い雰囲気がある」が45.5%、「残業時間と評価は関係ない」が43.3%。これらから「休暇」「労働時間」「残業に対する評価」に関する違いが、昭和的な働き方かイマドキな働き方かを分ける傾向があるとしている。
https://japan.cnet.com/article/35123021/

https://line.worksmobile.com/jp/home/pr/20180724

続きを読む

Source: IT速報
会社員の54%が自分が勤める会社や働き方が「昭和的だと感じる」

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。