NTT西日本、新たな通信技術でAmazonのクラウドと真っ向勝負。小林社長「速さと安定性のエッジで対抗」

NTT西日本は、「エッジコンピューティング」と呼ばれる新たな通信技術で、アマゾンなどのクラウドコンピューティングに対抗するという。

エッジは実際の通信インフラを持つNTTの強みを生かした技術で、ロボットの制御など無線通信での大容量データ処理でクラウドより優れたスピードや安定性を発揮できる。アマゾンが攻勢をかけるなか、両者のせめぎ合いが注目されそうだ。(黒川信雄)

エッジ(末端)コンピューティングとは、遠く離れたサーバーに情報を集めるクラウドとは異なり、スマートフォンやロボットといったネットワークの末端側のサーバーで情報を処理することで、速度を大幅に高められる技術のこと。NTT西は現在、実証実験を進めており、早期の実用化を目指している。

「アマゾンとの真っ向勝負もあるだろう」。6月22日に就任したNTT西の小林充佳(みつよし)新社長は、産経新聞のインタビューにそう述べ、エッジでアマゾンのクラウドに対抗する考えを鮮明に示した。

小林氏には勝算がある…
続きはソース元で
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180729/bsj1807291309001-n1.htm

続きを読む

Source: IT速報
NTT西日本、新たな通信技術でAmazonのクラウドと真っ向勝負。小林社長「速さと安定性のエッジで対抗」

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。