ドコモ、配車アプリ大手に22億円出資へ。ソフトバンクに対抗

NTTドコモは、スマートフォンでタクシーを呼び出すアプリの大手「JapanTaxi」と資本業務提携を結んだと発表した。配車サービスで先行するソフトバンクグループに対抗する。

発表によりますと、NTTドコモは、配車アプリの「全国タクシー」を展開する配車サービスの最大手「JapanTaxi」に22億円余りを出資することで合意しました。

この配車アプリはスマートフォンのアプリを使って近くにいるタクシーを呼び出す仕組みで、全国のタクシーの4分の1にあたるおよそ6万台が登録されています。

NTTドコモは今回の提携で、タクシー料金の支払いに自社で開発したQRコード決済を導入するほか、乗車の需要を予測するシステムの開発でも協力するとしています。

配車サービスをめぐっては、ソフトバンクグループが今月、中国最大の配車サービス「滴滴」と新会社を設立し…
続きはソース元で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180731/k10011556631000.html

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/07/30_00.html

関連:ソフトバンクと滴滴出行、日本でタクシー配車プラットフォームの提供開始へ : IT速報

続きを読む

Source: IT速報
ドコモ、配車アプリ大手に22億円出資へ。ソフトバンクに対抗

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。