【朗報】自民党、杉田水脈を指導。安倍首相も突き放すコメント

 7

自民党の杉田水脈(みお)衆院議員(51)がLGBTに対する差別発言を行った件について、自民党本部は2日、「問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現がある」として、杉田氏を指導した発表した。

自民党は当初、「寄稿文は議員個人としてのもの」と静観する構えだった。しかし、7月27日に党本部前で大規模な抗議集会が開かれ、今週末にも各地で抗議活動が予定されるなか、党の責任を問う声が高まり、釈明に追い込まれた。

見解では、2016年に設置した「性的指向・性自認に関する特命委員会」で党内議論を行い、「性的な多様性を受容する社会の実現」をめざし、「正しい理解の増進を目的とした議員立法の制定に取り組んでいます」と強調。16年参院選と17年衆院選の公約にも掲げていると指摘した。

その上で杉田氏の寄稿について「個人的な意見」と留保しつつ、不適切な「表現」があると認め、「今後、十分に注意するよう指導した」と明かした。党規約に基づく処分ではない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000037-asahi-soci

LGBTに関するわが党の政策について
わが党のLGBTに関する政策については、「性的指向・性自認に関する特命委員会」において議論され、平成28年5月、「性的指向・性自認の多様なあり方を受容する社会を目指すためのわが党の基本的な考え方」が取りまとめられ、同年7月の参議院選挙及び昨年の衆議院総選挙の公約に明記されたところです。わが党は、公約に掲げたように性的な多様性を受容する社会の実現を目指し、性的指向・性自認に関する正しい理解の増進を目的とした議員立法の制定に取り組んでいます。

今回の杉田水脈議員の寄稿文に関しては、個人的な意見とは言え、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現があることも事実であり、本人には今後、十分に注意するよう指導したところです。

わが党は、今後ともこの課題について、各国の法制度等を調査研究しつつ、真摯かつ慎重に議論を進め、議員立法の制定を目指していく所存です。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします
https://www.jimin.jp/news/policy/137893.html

続きを読む

Source: IT速報
【朗報】自民党、杉田水脈を指導。安倍首相も突き放すコメント

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。