ヤマダ電機「今のままでは5年後に会社がなくなるかもしれない」ネット通販の脅威に危機感

ネット通販の脅威が増し、ヤマダ電機社長は「今のままでは5年後に会社がなくなるかもしれない」と強い危機感を抱いているという。

ネット通販の脅威が増す中、実店舗の魅力をいかに高めるか―。多くの小売りが抱える課題に対応し、ヤマダ電機が取り組んでいるのが「家電住まいる館」だ。家電をベースに家具やインテリア雑貨を並べ、リフォームに関する相談窓口も設置。「住」に関するトータルコーディネートを目指す。背景にあるのは「今のままでは5年後に会社がなくなるかもしれない」(三嶋恒夫社長)との強い危機感だ。

中略

家電は実店舗で商品を確認してネットで購入する「ショールーミング」の対象になりやすい。家電量販業界ではヨドバシカメラが15年に、全店に無料Wi―Fi(ワイファイ)を導入し各種サイトやSNSを閲覧しやすい環境を整えるなど、ネットとの価格競争は避けられないとの認識だ。
http://news.livedoor.com/article/detail/15094170/

続きを読む

Source: IT速報
ヤマダ電機「今のままでは5年後に会社がなくなるかもしれない」ネット通販の脅威に危機感

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。